美々津
みみつ

火除けの町づくり

美々津は耳川の河口に位置し、舟運の拠点として栄えた町です。軒裏までしっくいで塗りごめた家が並び、町並みの途中には火除け地を設けるなど、江戸時代の防火の町づくりを見ることができます。

【1】上町、中町、下町と、南北方向に並走する3本の道路が美々津の骨格。道沿いに並ぶ家は軒裏や持ち送りまでしっくいで塗りごめ、防火に努めています。
【2】江戸時代前期、3本の道路に直交するように「ツキヌケ」と呼ばれる防火帯が設けられました。これは美々津を治めた高鍋藩の藩命によるものです。当時の防火意識がいかに高かったかを物語っています。
【3】しかし江戸時代後期になると土地が不足し、ツキヌケにも豪商が家を建てるようになります。これは天保10(1839)年築の町家で、現在は「美々津まちなみ防災センター」となっています。

妻入りと平入りの家が混在する美々津は、宮崎県有数の商家町。江戸時代を通じて廻船業者が進出し、豪奢な家々を建てていきました。


上町の町並み


マツラとバンコのある中町の町並み

美々津の商家は持ち送りと床几(しょうぎ)をそなえています。当地ではそれぞれマツラ、バンコと呼ばれ、とくにマツラは家格を示すステイタス・シンボルとして、豪華に飾り立てられました。また、中町筋にはバンコをもつ家が何棟も連続する一角があります。修復されたものもあるかもしれませんが、これだけ連続した町並みは全国でも少ないと思います。

町家は1階部分は真壁造りですが、2階は大壁造りとし、耐火性を高めています。軒裏に出た桁はもちろん、庇を支えるマツラもしっくいで塗りごめるという念の入れようです。


しっくいで塗りごめた2階部分


左右非対称の大壁造りの家

ツキヌケに建つ家(左手前)

町づくりにも防火政策が反映され、南北の道に直交するように、「ツキヌケ」という防火帯が設けられました。しかし廻船業の発展とともに、しだいにツキヌケにも商人が家を建てるようになり、幕末期には防火帯としての役目を失ってしまいました。

美々津では1986(昭和61)年の重要伝統的建造物群保存地区選定後、年間3棟のペースで修景を行ってきました。おかげで現在はどの家もピシッと整っていますが、揃いも揃って同時期に修景したため、しっくいが剥げかかった家は1軒も見られず、「つくられた町だな」という感がなくもありません。


部分的に修景されていない家もある


町並みの北端は耳川沿いの傾斜地になっている


【住所】宮崎県日向市美々津(地図
【公開施設】河内屋(日向市歴史民俗資料館)
【参考資料】
『未来へ続く歴史のまちなみ』ぎょうせい、2001年

2015年5月7日撮影


戻る