小浜西組
おばまにしぐみ

遠くて近い京の風

かつて小浜の城下町は東組、中組、西組の3つに分かれていました。このうち西組には古い町家が多く、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

【1】屋根はわずかに上にふくれあがったむくり屋根。京町家で見られるデザインです。
【2】折りたたみ式の縁台「ガッタリ」も京町家がルーツ。戦後、ガッタリや格子など古いデザインが失われていきましたが、最近復元する例が増えています。
【3】2階では隣家との境目に袖壁を設けます。


若狭湾に面する小浜の町

小浜のある若狭地方は福井県でありながら「北陸」といった印象は薄く、「関西」の香りが強く感じられます。それもそのはず、若狭は古代から奈良・京都に食材を献上した御食国(みけつくに)であり、江戸時代以降も海産物を運ぶ鯖街道を介して、畿内とは密接な関係にありました。

小浜と京の距離は18里(約72キロ)。「京は遠ても十八里」といわれ、関係の深さは町並みにも表れています。西組の町家では、むくり屋根やガッタリなど、京町家でおなじみのデザインがそこかしこに見られます。
一方で京町家とは異なり、2階を真壁造りとしたり(京町家は大壁が一般的)、若狭に特有の立浪型の瓦をもつ家や蔵もありました。小浜では京風に若狭風を加えた独特の町並みが形成されているようです。


むくり屋根の町家が並ぶ


犬矢来のある鹿島会館


ガッタリのあるN家住宅


袖壁の町家がずらりと並ぶ

現在の町並みの基礎が築かれたのが江戸時代初期。京極氏によって小浜城が築かれると、城下に武家町・町人町が整備されました。町並みは小浜湾に面する弓形の平地に展開し、海岸線に平行して丹後街道が走ります。この街道沿いに古い町家が多く残され、さらに南東の山側には寺院や神社が集まり、寺町をつくっています。


八幡神社前に板張りの土蔵が建つ


不思議な並びの平入り住宅

小浜は1888(明治21)年に大火にあったため、現存する建物の多くはそれ以降に再建されたものです。火災後は耐火性を重視して石材やモルタルを用いた洋風建築も増え、それらが西組の町並みに彩りを添えています。


大火の翌年に建てられた白鳥会館


【住所】福井県小浜市小浜住吉、小浜鹿島、小浜男山、小浜白鳥、小浜貴船、小浜浅間、小浜大原
【地図】トップ写真の撮影地点
【公開施設】小浜町並み保存資料館
【参考資料】
パンフレット「重要伝統的建造物群保存地区 小浜西組散策MAP」小浜市教育委員会文化遺産活用課、2010年

2010年5月4日、14年5月6日撮


戻る