野々市
ののいち

前ヒラはどこから来たのか

金沢城下を出て北国街道最初の宿場が置かれた町が野々市です。醤油醸造を営んだ重要文化財の喜多家住宅をはじめ、重厚な家が残されていました。

【1】旧北国街道。写真手前が金沢方面です。道はここで90度右に折れ、松任(まっとう)方面に向かいます。
【2】化粧梁を見せた切妻の家が、北陸らしい町並みを演出します。
【3】この家は主屋の前面に切妻屋根を突き出し、さらに平入りの下屋を出しています。三国(福井県)の「かぐら建て」を連想させる不思議な外観です。ちなみに当地の旧魚住家住宅でうかがったところ、下屋は「前ヒラ」と呼ぶそうです。

野々市は旧北国街道に沿って古い家並みを残す町。妻入りと平入りを合体させた、変わった外観の家もありました。こうした家は三国では「かぐら建て」と呼んでいますが、野々市では「町家風農家」と呼称しています。


「かぐら建て」のような家(右)


旧魚住家住宅

町家風農家の典型例が旧魚住家住宅。話を聞いたところ、「町家は平入り、農家は妻入り。両者を合わせた家が町家風農家で、見た目が町家、間取りが農家になっている」とのことでした。

野々市には町家風農家の逆パターン、すなわち「見た目が農家、間取りが町家」という家もあります。水毛生(みもう)家住宅がそれで、妻入りを2段重ねた外観。いうなれば「農家風町家」ですね。


水毛生家住宅


喜多家住宅の囲炉裏は枯山水のように模様をつける

こうして屋根形に注目して野々市を歩くと、重要文化財の喜多家住宅(下写真)も屋根が二段構えになっていることに気づきます。「しころ葺き」といい、町家の古い形態を伝えるものです。ちなみに現在の建物は明治時代、金沢より移築したもので、藩政期から野々市にあったものではありません。(ついでにいえば、旧魚住家も松任より移築されたものです)。

喜多家住宅、外観

それにしても、なぜ町家風農家が建てられるようになったのでしょうか。野々市市のウェブサイトでは「もともと農家が立ち並んでいましたが、宿場町として商業が発達してくると、町家の形の家が増えていったものと考えられています」と書かれていますが、これでは説明不足ですね。「商業が発達し」たことで、農家が商家も兼ねるようになったのか、あるいは、単に見た目を商家風にするため、前ヒラを増築したのでしょうか。


この家も町家風農家


F家住宅。農家風町家に前ヒラを付ける

見れば見るほど、三国のかぐら建てにそっくりな野々市の家たち。しかも三国は三国で、「かぐら建ては三国にしかない」と主張しています。前ヒラは三国からやって来たのか、野々市で発祥したのか、それとも別系統でありながら偶然、似た姿になっただけなのでしょうか。


平入りの町並み


土蔵を住居に改築したものか。外観はやはり、かぐら建て風


【住所】石川県野々市市本町2・3丁目
【公開施設】喜多家住宅(喜多記念館)、旧魚住家住宅
【参考資料】
ののいち探検隊>町家と農家

2015年6月14日撮


戻る