砺波平野
となみへいや

家が散らばる理由

家々が密集する集村に対し、点在する村を散村といいます。砺波平野では広範囲にわたって散村が広がり、日本最大の散村景観を見せています。

【1】家の周りに水田があります。隣家との距離は100〜150メートルほどです。
【2】季節風の威力を抑えるため、家の西から南にかけてカイニョと呼ばれる屋敷林がつくられています。植えられている木は、薪になるスギ、ヒノキ、実が食べられるカキなどです。
【3】主屋はほとんどが東向き。このことから「アズマダチ」と呼ばれます。妻面に柱と貫の格子模様を見せるのが特徴です。

庄川扇状地の中央部に広がる砺波平野には、100〜150メートル間隔で家が散らばる散村が果てしなく続いています。砺波平野の散村の成立については定かではありませんが、有力視されているのが、扇状地ゆえの制約に起因するというもの。扇状地には砂礫が広がっているため、耕作には向きません。そこで、まずは耕土のある微高地に居を定め、その後周囲を開拓していきました。これにより散村が築かれたと考えられています。


砺波平野の散村景観

アズマダチの農家(小矢部市水島)

散村に散らばる家の多くは、切妻屋根をもち、東を正面としています。とりわけ妻面に表れた柱と貫の格子模様が美しく、東を向いていることを強調しているかのような印象から、アズマダチと呼ばれています。

アズマダチの家は架構にも特徴があります。高さ30センチほどもある差鴨居で部屋の柱を連結し、あたかも部屋を枠で囲んだような様子から、「ワクノウチ」と呼ばれる工法です。ワクノウチでは梁が縦横にめぐらされており、非常に強固な印象を受けます。


ワクノウチ工法(南砺市北市/あずまだち高瀬)

瓦葺きに改造されているが、平入りのままの家があった(砺波市五郎丸)

ところで、砺波平野にアズマダチの民家が現れるのは明治時代になってからのこと。江戸時代までは倹約令のもと、農家は大きくつくることを許されませんでした。屋根もほとんどが寄棟、茅葺きで、なんと平入りだったといいます。
明治以降に禁制が解かれると、人々は棟の向きを替え、屋根を瓦葺きとし、家を大きく、大きくしていったのです。

初期の農家として保存されている民家のひとつに、旧中島家住宅があります。しかしこの家は、江戸時代の農家としては規模の大きな部類。肝煎(きもいり=東日本の名主、西日本の庄屋と同義)を勤めた役宅として、ワクノウチ工法の広間を中心に、土間や座敷をもちます。


旧中島家住宅。18世紀中ごろ(砺波市花園町)

かいにょ苑(砺波市豊町)

かいにょ苑(旧金岡家住宅)は明治4(1871)年の建物。これも当時としては規模の大きな家で、四方に瓦葺きの下屋を降ろしています。

砺波平野の散村では住居とともに、屋敷林も目を引きます。カイニョと呼ばれるもので、季節風から家を守るため、南側で厚く植えられています。かつてはスギやヒノキなどを植え、薪の調達場にもなっていました。


アズマダチとカイニョ(砺波市庄川町古上野)

富山県指定文化財、入道家住宅(砺波市太田)


田植えを終えた水田にカイニョが浮かぶ(砺波市庄川町五ヶ)


【所在地】富山県砺波市、南砺市、高岡市、小矢部市にまたがる
【地図】トップ写真の撮影地点(入道家住宅前)
【公開施設】旧中島家住宅(砺波市花園町、チューリップ公園内)、かいにょ苑(砺波市豊町)、あずまだち高瀬(南砺市北市)
【参考資料】
『散居村の保全と活用シンポジウムの記録』散居村の保全と活用シンポジウム実行委員会、2013年
パンフレット「高瀬コミュニティ施設 あずまだち高瀬」
パンフレット「となみ野散居村展望スポットマップ」

2014年5月3日撮影


戻る