丸の内
まるのうち

いまは昔の美観騒動

かつて丸の内ではビルの高さが100尺(約31メートル)に規制されていました。戦後、規制が解かれてから認可された高層建築には「景観破壊」の声が浴びせられましたが、そんな話もいまは昔。丸の内は歴史建築を継承しながら、都市の高層化を実現しました。

【1】丸の内のオフィスビルは高さ30メートル付近を境に、低層部と高層部に分かれます。低層部は戦前に建てられたビルがベース。「2」のように古いビルを保存したものと、「3」のように全館新築したものとがあります。
【2】2012年に竣工したJPタワー。低層部では1929(昭和4)年築の東京中央郵便局の外壁が保存されています。
【3】2002年に竣工した丸の内ビルディング。全館新築ですが、低層部は1923(大正12)年築の旧丸の内ビルヂングがモデルになっています。
【4】1974(昭和49)年、丸の内初の高層建築として竣工した東京海上日動ビルディング。当時は「景観を破す」と論争を呼びましたが、いまとなってはオモチャのように小さく感じます。

明治維新後、陸軍の練兵場となっていた丸の内。その風景は1890(明治23)年、三菱に払い下げられたことで大きく変わりました。
三菱は1894年から20年をかけて、ロンドンを模して21棟もの赤レンガのビルを建設。その町並みは「一丁ロンドン」と呼ばれ、評判となりました。1914(大正3)年に東京駅が完成すると、ビジネス街としての重要性は一気に高まり、現在に至るまでたくさんの大企業が本社・本店を置くエリアとなっています。


皇居の濠に沿ってビルが連なる

旧ビルの面影を残して再建された丸の内ビルディング

長らく丸の内では戦前のビルがそのまま使われていましたが、1990年代以降は再開発により急減しました。とりわけ、1999年に大正建築の丸の内ビルヂングが解体され、地上37階建てに生まれ変わったことは象徴的なできごとでした。
しかしこの新ビルは6階までの低層部が、旧ビルへの敬意を込めて設計されており、古きビル街の面影をとどめています。

丸の内でよく見られるのが、外装を保存し、内側に高層ビルを建てる「ファサード保存」という手法。わたしは「建築は外見2割、中8割」と思っているため、こうした再建は好きになれませんが、日本の首都とあってはそうも言っていられません。「外観が保存されるだけでもマシ」と思わなくてはバチが当たりますね。


JPタワー。1929(昭和4)年の外壁を保存

三菱UFJ信託銀行本店ビル。低層部は1920(大正9)年の外壁

明治・大正時代の「一丁ロンドン」の雰囲気を伝える赤レンガ建築は、丸の内に3棟あります。
いちばん古いのが1914(大正3)年に竣工した東京駅。3階建てで全長330メートルもある日本史上最大のレンガ建築です。太平洋戦争中に3階部分が焼失して以来、応急工事されたままでしたが、2012年にようやく復原されました。


重要文化財の指定を受けた東京駅


東京銀行協会ビル

次いで古いのが1916(大正5)年の東京銀行協会ビル。1994年、外壁のみを残して内側に高層ビルが増築されました。丸の内におけるファサード保存の先駆けといわれています。しかしファサード「保存」といえば聞こえがいいですが、ハリボテのように見えなくもないですね。
そして最も新しいのが2009年に竣工した三菱一号館。実はこの建物、1968(昭和43)年に明治時代のレンガ建築を解体していながら、41年の時をへて再建されたという、国内でもほとんど例のない再建事例です。時代とともに価値観が変わるからなのか、それとも日本企業がスクラップ・アンド・ビルド好きだからなのでしょうか。


三菱一号館。解体時の実測図などをもとに再建された

 


明治生命館の店頭営業室

丸の内にあって外観も内部も保存された数少ないビルのひとつが、1934(昭和9)年築の明治生命館です。一般公開されているのですが、中に足を踏み入れるとまるで別世界! 1・2階の吹き抜けとした開放的な店頭営業室をはじめ、豪華な執務室や応接室、食堂、会議室などが続いています。

明治生命館の食堂

今日の丸の内は高さ150〜200メートルもある高層建築だらけです。40年前、高さ99メートルの東京海上日動ビルディングが建設された折、「皇居前の景観を破壊する」と“美観騒動”が勃発しましたが、それもはるか昔のこととなりました。
町並みの老朽化・高層化にともない、古い建物の解体はあとを絶たず、「もう少し包括的に保存されていれば」と思います。


1932(昭和7)年のファサードのみ保存された大手町野村ビル

高さ100尺(31メートル)を保つ町角


1928(昭和3)年築の丸ノ内八重洲ビルヂング。現存せず(2001年11月11日撮影)


【住所】東京都千代田区大手町2丁目、丸の内1〜3丁目、有楽町1〜2丁目
【公開施設】明治生命館(週末のみ公開)、ほか多くの建造物が公共空間を有する

2014年8月24日、27日、11月9日撮影


戻る